自費出版とは

自費出版という言葉、知っていますでしょうか。   自費出版は、著者が費用を自己負担して著作を出版することです。 通常の出版物、本屋さんに並んでいる書籍のほとんどは、自費出版物ではありません。これらの一般的な出版物は、「出版取次」という仲介業者を間に通すことが通例となっています。「取次」と略して呼ばれることもあります。   出版業界の扱う点数は、他業種に比べて非常に多くなります。小売店つまり書店は、在庫を抱えるリスクや商品管理の煩雑さに対処する必要がありました。また卸し、つまり出版社もまた、個別の書店とのやりとりに忙殺されると、肝心の出版へのエネルギーが削がれてしまいます。そうした両者の需要が一致し、取次という独自の流通仲介業者が重要な存在として要請されました。 取次は、全国の書店に出版物を行き渡らせ、置き、販売してもらうためには不可欠な存在とも言えます。   しかしそうした出版業界のルートに乗る書籍というのは、出版社がこれを出そう、と判断したものになりますので、当然、ごく一部の選ばれた人間の著作のみが扱われることになります。   自費出版は、そうした出版社との関係を持つことのない個人や団体が、自分の力とお金で自著を書籍にするための方法なのです。   主な自費出版物として ・自分の歴史を書き連ねた「自分史」 ・趣味で撮りためた風景の写真集 ・祖母が書き続けてきた水彩画を画集に ・小説を書いているが公募に出したりせず、個人的に出版 といったような形で、出版社が利益を見込んで出版をしてくれるとは思われない個人的なもの、それでも利益を度外視して「出版したい」と著者が強く思っているようなものが多いようです。 費用の負担さえ可能ならば、自分が出したいと思うものを自由に出版することができるのが、自費出版最大の利点ではないでしょうか。

趣味

自分史を自費出版する

自費出版というと、何か自信のある作品があり、それが出版社に採用してもらえない小説家や写真家がやむを得ずとる手段のようなイメージがあるかもしれません。しかし、実態はそこまでシリアスなものばかりではありません。   自費出版の中でも点数の多いジャンルは、「自分史」です。 自分史は、自伝のよりライトな書きもの、といった位置付けにあるものです。一昔前だと、自分の来歴、人生を振り返って書物にするというのは、作家でなければ政治家、スポーツ選手など、ほかのことで成功した人、多くの人間がその人の人生を知りたいと思うような存在に許された特権的な行為、という風潮があったかもしれません。 しかし音楽のインディーズ(自主リリース)の興隆に顕著なように、「作品を発表する」ことの敷居は下がっていく傾向にあります。 自分史を発表するということに関しても、成功者が自分の来歴を語るところから始まり、企業の経営者や経済的に余裕のある人にも普及していきました。 今では経済的負担の軽減化が進んだ結果、何か特別、名を残しているような人でなくても、卒業文集や卒業論文のような気分で、例えば還暦のタイミングや退職のタイミングで自分史を自費出版するというのはよくあるシチュエーションなのです。   何か特定のジャンルや業界で活躍した人の自分史の方が、そうではない比較的おだやかな人生を送ってきた人のそれよりも面白い、と言い切れるものではありませんよね。波乱万丈であれ、一貫して平和であっても、人の来歴はそれだけで興味深いものではないでしょうか。 それに、家族にとっては偉い他人より身近な家族の人生の方が興味深いということもあります。祖父や祖母の来歴を知りたいと思う子供は多いと思います。 自分史の出版は、自分だけでなく、小さな家族へのプレゼントにもなるでしょう。