構造の種類

柱や梁により、建物の強度を維持していると言った構造で作られているものを「ラーメン構造」と呼んでおり、このラーメン構造というものの構造は、建物によって1メートル四方もある大きな柱と梁の接合によって成り立っているとされているようです。ラーメン構造のメリットとされているのは「柱と梁で支える構造であるため、空間に仕切りがなくても建築可能であるという事」「8階建までの一般的なマンションの建設であれば、強度も十分であるとされ、緻密に構造計算する事によって、それ以上の階数の建設も可能になる場合があるという事」という2つのメリットがあげられるのではないでしょうか。そのため、1階を駐車場にするといった場合であれば、壁の必要ないラーメン構造が最適であると言えるでしょう。また素材によってはコストがかかってしまうとされる高層マンションをそれで建てるということができれば、コストの節約としても大活躍と言えるでしょう。また、ラーメン構造であれば、柱と梁で支えられている空間の区切りというものは基本的に変更可能となり、1フロアに4部屋のワンルームを作ったとした場合、将来需要が変化してワンルームの需要が無くなったという時などに、隣り合ったワンルーム2部屋をつなげ、1LDK や2DKと言った間取りに変更するといったことが可能であると言えるのではないでしょうか。需要の変化に対応できるこのような構造は、賃貸経営者として長期的に見れば有利であることは一目瞭然と言えるのではないでしょうか。しかし、素材によってコストが抑えられると言っても、限界はあり、柱に使う鉄筋やコンクリートの量は節約できないとされており、材料費や鉄筋組の工賃の削減には限度があると言えるからではないでしょうか。