高層マンション

コストと要求を考える

同じ「高層マンション」であっても、賃貸物件として要求される規模や構造、性能といったものが異なっている場合、必要とされる構造も当然異なってくると言えるでしょう。では、その「構造の判断」というものはどのように行って行けば良いのか、見ていきましょう。必要な要求を満たし、かつ最も安いコストに収まると言ったものを選択していくように心がけるということは必須と言えるのではないでしょうか。たとえば、広い敷地である場合、車は建物の前に平置き駐車が可能であルナらば、わざわざ建物をラーメン構造にして1階に駐車場を作らなければならないと言ったことはなくなるでしょう。また、素材の違いで8階建てまでか、10階建て以上かと言った場合、1フロア増えるごとに、家賃も大きくなっていくという事と、建設コストによる利回りを計算することで、事業としての収益性を第一に考えた上で判断すると言ったことになるでしょう。さらに、コストがかかりすぎるけど、とにかく賃貸面積を確保したいという場合には、デメリットに目をつぶり「鉄骨」で建築すると言ったことも検討すべきと言えるでしょう。1センチでも建物を大きく作りたいと考える場合、鉄骨を検討し、たとえ建築コストが変わらないという結果になったとしても、賃貸スペース自体が大きくなれば、それだけ収支は良くなるのは目に見えているからと言えるでしょう。このように、建物の構造を検討していくと言った場合には、まず「どんな賃貸空間を作りたいのか」を考え「そのためにどんな構造が必要か」ということを追求していくことが必要となるのではないでしょうか。何を捨て、何を残すのがベストであるのか、自分自身で考えるということが必要なのではないでしょうか。  

高層新築マンション

高層マンションの新築を企画するといったときには、経営面でも様々な要素を考えなければならないと言えるでしょう。しかし、すべて知っていなければならないということではないと言えるでしょう。専門的な点などは、設計士と言った専門家が検討してくれるため、任せてしまうというのもありでしょう。賃貸事業を始める事業主として知っておかなければならない事は、可能性と問題点という部分ではないでしょうか。技術的なことは専門家にかなうわけはありませんが、土地購入から始まり、多額の資金を投資し、賃貸事業者として、考え得るいろいろな可能性を考え、実行していかなければならないのではないでしょうか。高層の新築マンションといえば、大きく3つの構造に分けることができると言えるでしょう。それは「 鉄筋コンクリート」「 鉄骨鉄筋コンクリート」「 鉄骨造」の3つであり、木造で高層マンションを建てたいという方はまずいないのではないでしょうか。鉄特有の引張り強さとコンクリートの持つ圧縮強さという長所を生かした構造や、コンクリートと鉄筋を組み合わせることによって成り立つ構造、またさらに鉄筋の芯である部分に鉄骨を利用したと言ったものは、前者以上に強度の向上が見られるとされているようです。鉄骨造というものは、躯体に鉄製の部品(鋼やコラム)と言ったものを組み合わせて造られるというものだそうです。その中で、賃貸事業が考えるべきと言えるのは、性能とコストの特徴と言え、そこに着目して検討していく必要があると言えるのではないでしょうか。それにはまず、構造別に発生するとされるコストと性能の基本的な違いを理解しておく必要があると言えるでしょう。