電話の目的を告げる、 時聞がもらえるかどうかを確認する

相手に対して、何の件で電話をかけたのか、きちんと伝えることは重要です。 話法としては、「結論を先に伝えるやり方」と「結論を最後に伝えるやり方」の 2パターンがあります。前者は、英語圏の方の話し方です。英語ではほとんどの場合、結論が先に来ます。 叶『同同町可ロ0σogz 由。一 l 後者は、日本人に多い話し方です。日本語、だと、結論があとに行きがちです。 「それは、 00に影響されているので、間違いです」 これは、使っている言語の構成にも左右されます。

 

しかしテレアポでは、先に結論を言わなくてはなりません。なぜなら、はじめてかけた電話で、そんなに長い時間、相手の方が付き合ってくれることはないからです。まず、電話の目的を告げて、話を聞いてくれるかどうかを確認します。場合によっては、ここで終わりというケースもあります。 テレアポでよく見受けられるのは、電話の目的を伝えると相手の YES NOがわかってしまうため、関係のない話を続けてなかなか目的を伝えないケースです。 仮に NOだったとしても、きちんとそれを受け止めて電話を切る勇気が必要です。気のない相手にいくらがんばっても、振り向いてはくれません。

 

そして、もうひとつ重要なことがあります。それは、相手に話している時間があるかどうかを確認し、時間がないようなら、急ぎではないのでまた後日かける旨を伝えて深追いはしない、ということです。テレアポでは、現在の相手の状況がわかりません。電話をしたときが忙しいとき、あるいは、たまたま暇なときかもしれません。時間があれば話を続け、時間がないようなら後日、またかけ直すというようにしたほうが、相手に好感を持ってもらうことができます。たとえ、今は忙しくて話ができなくても、次回は話を聞いてもらえるかもしれません。 よくあるのは、時間がないと相手が言っているにもかかわらず粘るケlスです。しかし、粘っても結果は同じです。相手の方がよい状態のときに、話を聞いてもらうようにしてください。悪い状態で無理に聞いてもらっても、それは悪い結果しかもたらしません。

 

ポイント

➡テレアポでは、結論を先に伝えること

➡相手に時間のないときは深追いしてはならない

➡ただ粘つでも、切られることに変わりはない

Leave a Reply

(*) Required, Your email will not be published