自費出版とは

自費出版という言葉、知っていますでしょうか。

 

自費出版は、著者が費用を自己負担して著作を出版することです。

通常の出版物、本屋さんに並んでいる書籍のほとんどは、自費出版物ではありません。これらの一般的な出版物は、「出版取次」という仲介業者を間に通すことが通例となっています。「取次」と略して呼ばれることもあります。

 

出版業界の扱う点数は、他業種に比べて非常に多くなります。小売店つまり書店は、在庫を抱えるリスクや商品管理の煩雑さに対処する必要がありました。また卸し、つまり出版社もまた、個別の書店とのやりとりに忙殺されると、肝心の出版へのエネルギーが削がれてしまいます。そうした両者の需要が一致し、取次という独自の流通仲介業者が重要な存在として要請されました。

取次は、全国の書店に出版物を行き渡らせ、置き、販売してもらうためには不可欠な存在とも言えます。

 

しかしそうした出版業界のルートに乗る書籍というのは、出版社がこれを出そう、と判断したものになりますので、当然、ごく一部の選ばれた人間の著作のみが扱われることになります。

 

自費出版は、そうした出版社との関係を持つことのない個人や団体が、自分の力とお金で自著を書籍にするための方法なのです。

 

主な自費出版物として

・自分の歴史を書き連ねた「自分史」

・趣味で撮りためた風景の写真集

・祖母が書き続けてきた水彩画を画集に

・小説を書いているが公募に出したりせず、個人的に出版

といったような形で、出版社が利益を見込んで出版をしてくれるとは思われない個人的なもの、それでも利益を度外視して「出版したい」と著者が強く思っているようなものが多いようです。

費用の負担さえ可能ならば、自分が出したいと思うものを自由に出版することができるのが、自費出版最大の利点ではないでしょうか。

Leave a Reply

(*) Required, Your email will not be published