コストのかかり方と、かけ方の選択

建物の建築構造別にコストが変わってくるということは理解していただけたのではないでしょうか。しかし、構造だけでなく、すべてに共通してコストに影響を与えるという点「建物の形状」というものを同時に考えていくということも必要になってくると言えるのではないでしょうか。自宅を建てるといった場合などを想像してみるとわかりやすいでしょう。真四角の、サイコロを積んだような無味乾燥なデザインと言ったようなものは、できれば避けたいでしょうし、ダイナミックな印象で、実際にコスト面からも「豪邸」といわれてしまうような物件も考えものと言えるでしょう。賃貸物件というものの目的は「事業」であり、そのために新築するということは、コストと見た目が偏ることなく、両立していなければならないでしょう。つまり同じ面積でも、最小限の表面積の形状を考えるといったこと必要となってくるでしょう。同じ床面積であれば、デコボコした建物より真四角の建物といったほうが表面積は少なくなることは理解できるでしょう。また建物の構造といった点から見ても、同じ柱と本数であっても、でこぼこしているより均整の取れているほうが強度は強くなるとも言えるでしょう。このことから、真四角のように壁や柱が均一である建物のほうが、耐震強度を満たすために必要である柱などの躯体部分は少なくて済むということになり、大きなメリットと言えるでしょう。建設にかかる費用は、躯体にかかるものと、設備にかかるものとに大別され、投資目的で賃貸経営を考えている場合には、商品力を上げてくれる設備費用に比重を置いておくほうが合理的だと言えるのではないでしょうか。

Leave a Reply

(*) Required, Your email will not be published