高層新築マンション

高層マンションの新築を企画するといったときには、経営面でも様々な要素を考えなければならないと言えるでしょう。しかし、すべて知っていなければならないということではないと言えるでしょう。専門的な点などは、設計士と言った専門家が検討してくれるため、任せてしまうというのもありでしょう。賃貸事業を始める事業主として知っておかなければならない事は、可能性と問題点という部分ではないでしょうか。技術的なことは専門家にかなうわけはありませんが、土地購入から始まり、多額の資金を投資し、賃貸事業者として、考え得るいろいろな可能性を考え、実行していかなければならないのではないでしょうか。高層の新築マンションといえば、大きく3つの構造に分けることができると言えるでしょう。それは「 鉄筋コンクリート」「 鉄骨鉄筋コンクリート」「 鉄骨造」の3つであり、木造で高層マンションを建てたいという方はまずいないのではないでしょうか。鉄特有の引張り強さとコンクリートの持つ圧縮強さという長所を生かした構造や、コンクリートと鉄筋を組み合わせることによって成り立つ構造、またさらに鉄筋の芯である部分に鉄骨を利用したと言ったものは、前者以上に強度の向上が見られるとされているようです。鉄骨造というものは、躯体に鉄製の部品(鋼やコラム)と言ったものを組み合わせて造られるというものだそうです。その中で、賃貸事業が考えるべきと言えるのは、性能とコストの特徴と言え、そこに着目して検討していく必要があると言えるのではないでしょうか。それにはまず、構造別に発生するとされるコストと性能の基本的な違いを理解しておく必要があると言えるでしょう。

Leave a Reply

(*) Required, Your email will not be published