下痢

腹痛時に伴う症状として、下痢や便秘があります。腸の動きが異常をきたしたときに起こる症状です。

大きくは急性と慢性に分けられます。

急性下痢の場合、突然、腹痛が起こり、トイレに何度も駆け込むことになるような症状が出ます。

慢性下痢は、症状が3週間以上続いていたり、何度も再発することがあります。緊急性は低いのですが、原因は多岐にわたります。

急性か慢性かを大別のうえ、病歴や身体所見を見ながら、下痢の原因を探っていきます。感染性による疾患か、非感染性によるものなのかをジャッジします。

感染性の場合、O157やアメーバ赤痢、ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどの感染が疑われます。いつ何を食べてどんな症状が出たのかなどで潜伏期間を把握の上、適切な対処法が決められていきます。

この場合、下痢止めを服用すると、下痢によってウイルスを排出しようという働きを止めることになってしまいます。急な腹痛で発熱が伴うなどの症状がみられる場合は、内科を受診のうえ、整腸剤や殺菌剤を処方してもらうことが大切です。

非感染の場合でも、糖類や、ノンシュガーの食品などで砂糖の代わりに使われている甘味剤などの成分により、腸内に水分がたまり、下痢を引き起こすこともあるので、食べたものを確認します。また、暴飲暴食が原因のこともありますし、過敏性腸症候群など、不規則な生活や緊張や不安など精神的なストレスに起因している下痢もあります。

また、生理による腹痛を伴う下痢もあります。生理前に起こる子宮を収縮させるプロスタグランディンの分泌により、腸が異常収縮するため、腹痛に加え下痢が起こりやすくなるのが理由です。下痢がメインの軽症であれば自然治癒することもあります。