シニア犬の健康のために

最初は子犬だった飼い犬も当然、成犬になり、そしてシニア犬になります。 シニア犬は様々な疾病リスクや怪我のリスクが高くなり、ちょっとした刺激がその原因となってしまうこともしばしばあります。 免疫力も低下し、毒素や有害な細菌の排出なども困難で、一度罹患すると、治癒に長い時間を要します。 皮膚のトラブルは代表的なものです。 代謝の低下や血流の滞りが発生し、皮膚の乾燥やできもの、怪我に弱くなります。ふけが増えたり肉球がひび割れたりするのも、角質の異常に起因します。 必須不飽和脂肪酸(オメガ脂肪酸)は、皮膚トラブルの対処に一役買うものです。 オメガ3系とオメガ6系に分類できるのですが、これらは過剰摂取により悪影響を導くものでもあります。この二つは効能が互いに互いをカバーし、抑制するようにして、バランスをもって機能します。ですので、二つの摂取量のバランスをよく理解した上で、与えるようにしましょう。 亜鉛はたんぱく質、脂肪、核酸の合成や代謝に役立つものです。コラーゲンの合成や必須不飽和脂肪酸合成、抗体の産生などに関与する、非常に重要な栄養素です。 合わせて、基本的に栄養素の消化・吸収が弱くなっている傾向がありますので、マルチ・ビタミンやマルチ・ミネラルで生体活動全般の活性化を目指しましょう。 白内障リスクもシニア犬は高くなっています。 これは抗酸化物質の欠乏に起因するところが大きいので、サプリメントで上手に補いたいところです。目の機能全般を高めるものとして、アスタキサンチンという成分がよく用いられます。これはビタミンEの数百倍抗酸化作用を持つものとされています。 シニア犬には特に、身体ストレスなく、穏やかに生きてほしいものですよね。 適切なサプリンメント投与は、その手助けになるはずです。

塗料の生産量ってどれぐらい

日本の塗料工業界による調査報告では、世界の主要国の塗料生産量は、1位、米国が706万トン、2位、中国が242万トン、ドイツが3位で205万トン、日本が4位178万トン、5位イタリアが112万トン、6位スペインが101万トン(2003年度調べ)となっています。 データが入手できない国もありますが、大雑把にいえば北米が約800万トン、ヨーロッパで750万トン、アジアで750万トンと、計2300万トンを生産しているということになります。2003年の生産量と1990年の生産量の比は、中国が260%、インドが378%と大きく伸長し、アメリカ、ドイツなどの先進工業国も130%を超える好調な推移を示していますが、日本は残念ながら81%と低迷しています。 日本における塗料生産量の推移は、1950年にわずかに8.4万トンであったのが、高度成長期を経て急速に増大し、88年には200万トンを超えました。しかし90年をピークに減少、横ばい傾向になっています。 2005年度の日本における品種別生産量では、合成樹脂塗料が全体の67.1%を占め、その他塗料が7.4%、シンナーが25・5%になっています。合成樹脂塗料の内訳では溶剤型塗料が38.8%、水系塗料が22.8%、固形樹脂型塗料が6.0%になっています。 溶剤型塗料では各種樹脂塗料はエマルションペイントと最近伸長著しい自動車用などの水性樹脂塗料が拮抗しています。 また、固形樹脂塗料の大半は道路用マーキング塗料であり、いわゆる粉体塗料は1.6%を占めるにすぎません。塗料分野では環境問題、とくに溶剤削減は待ったなしの課題です。 今後、水性樹脂塗料、粉体塗料の増加が予想されます。      

アポ後の言葉

お客様と友好な関係構築のために、私がテレアポの最後に必ず付け加える言葉を本章の最後にご紹介したいと思います。「OO様、お会いできるのを楽しみにしています」電話でアポが取れた場合、こう言って締めくくるようにしています。文字にして書いてみるとなんてことはないフレーズに見えますが、とても効果のある言葉です。アポイントが取れたら、「では失礼します」でガチャリ。これでは相手にいい余韻を残せません。なぜなら、会う相手は「あなた」でなくてもいいからです。「終わり良ければすべて良し」と言われます。テレアポの締めに何を言うか、何をするかは重要です。会うということが決まると、相手のスケジュールにあなたと会う予定が書き込まれます。そして、相手は、どんな人が来るのだろう?どんな話をするのだろうとイメージします。しかし、あなたの顔がわからないので、イメージがなかなかふくらみません。会う前は、このような暖昧な状態です。この暖昧な状態をうまく利用しましょう。電話の最後に、ほかでもない自分を指定して「OO様とお会いできるのを楽しみしています」。こんなことを言う人はどんな人だろう?誠実な人?仕事ができる人?決して、悪い印象はもたないはずです。   世間の営業のセオリーとしては、会ってからが重要なので、そこに全精力を注ぎ込みなさいと言われます。このこと自体は間違っていません。しかし、これは誰でもわかっていることで、事前に準備したり、注意することはできます。本当にできる営業マンは、会う前の電話の段階から、一歩リードしているのです。

OΔXの法則

テレアポで、理解していただきたい法則に、「OΔXの法則」というものがあります。なんらかの事案で、人に意見を求めたとしましょう。例えば、今月から、残業をする場合は前日に申請書を書いて上司に提出してくださいと、社内で告知したとします。この告知に対して、社員の反応はだいたい三つのタイプに分類されます。私の経験から導き出した 賛成する人(素直に了解する人) 反対する人 どちらでもない人 残業は当日の仕事状況によって左右されることが多いと思います。にもかかわらず、前日に申請をしなければならないことになります。しかも、書類を書く手間も発生します。 反対する人の多くは、それが反対理由でしょう。一方、賛成する方は、決められた規則はきちんと守る人か、そもそも残業がない人です。そして、どちらでもない人は、まずこの告知をきちんと見ていない、あるいは聞いていない人か、残業が発生してから考えよう、というようなタイプです。何か新しい提案に対する反応として、たいてい人は、以上のような三つのグループに分かれます。要は、Oかムか×に分かれるということです。では、ここでこの話をテレアボに置き換えてみましょう。テレアポでも同じように三つのタイプに分かれるものです。 会える人=O 会えない人=× どちらでもない人=Δ 1のすぐに「会える」と言ってくれる人に関しては、日時を決めて会えばいいだけ。なんの問題もありません。 次に、2の「会えない人」、つまり「会ってほしい」という電話に対して取りつく島もない人ですが、私はこういった人に時間をかけず、すぐに引き下がってしまいます。テレアポとは、相手の状況がわからずに電話をしています。さらに、電話は相手の表情が見えません。ここが重要です。電話は声だけのコミュニケーションです。前述した「メラピアンの法則」でも明らかなように、身振り手振りや、顔の表情などで相手に訴えかけることはできません。テレアポは他の営業法以上に、イヤがっている×の人を説得してOにすることは難しいのです。よって、×は捨てる。話してもイヤがる人、話を聞かない人は相手にしないのです。さらに、お客様となる可能性の低い人を説得する時間と労力がムダで、それがなければ、他の人にどれだけテレアポできるかを私は考えてしまいます。

コリン欠乏を防ぐために

コリンは、あまり馴染みのない言葉かもしれません。 大まかにはビタミンの一種とされているのですが、体内で微量ながら生成することができるため、厳密にはビタミンに含まれません。 とは言え、様々な代謝プロセスに深く関わる、重要な成分であります。 食品ですと野菜、ナッツ類、小麦胚芽、卵黄、レバー、レタス、大豆などに多く含有されているものです。 コリンは体内で、酢酸との結合によってアセチルコリンというニューロ・トランスミッター(神経伝達物質)に変化し、交感神経・副交感神経のペアリングである自律神経系、神経と筋肉の媒介などのプロセスで活躍します。 細胞膜の維持や、多くの代謝活動に関係しています。 コリンは脂肪の適切な代謝にも関与します。 なのでコリンの欠乏は、脂肪の正しい分解を遂行させることができない状態を作り出し、肝臓に脂肪が蓄積されて代謝されない脂肪肝の原因になってしまいます。 コリンの摂取不足だけでなく、合成にマンガンを必要とするため、マンガンの欠乏がコリンの合成の信仰を妨げ、結果、コリン欠乏という自体に陥ってしまうケースも考えられます。 子犬の時期のめまぐるしい成長において多量のコリンが要請されます。成長期には特に食事や健康に問題がなくても、欠乏しやすい傾向にありますので、サプリメントの摂取を検討するとよいかもしれません。 他にも、神経系のトラブル、認知障害、疲労、肝炎など複数のトラブルにプラスの効果を持つものです。 血中コレステロール濃度の高い状態を緩和することにも使用されるケースがあります。 コリンは体内生成ができ、健康体の犬ならばそれで必要量を賄えるのですが、食事の偏りなどで欠乏することもあるので、忘れてはならない存在です。

日本での塗料の発展は

洋式ペイントが日本でしようされるようになったのは、ペリーが来日したときに洋館が建設された時。その洋館に洋式ペイントが使用されたそうです。当時、日本で塗りといえば漆に柿渋といったものでした。ペリー来航以後、1860年頃になると、英国からペイントを輸入するようになり、船や汽車、鉄橋、建築と新しい需要に対応するようになりました。 明治に入ると、茂木重次郎という人が、亜鉛筆とともに、日本で最初のペイント製造を開始しました。日本の最初の塗装会社です。1884年には堀田瑞松が考案した「錆止塗料及び其塗法」が特許第1号として認定されました。 第一次世界大戦後にはアメリカで硝化綿ラッカーが作られ、速乾性の光沢塗料として自動車塗装に用いられるようになりました。日本でも輸入が始まり使用されるようになりました。 昭和初期になると、合成樹脂塗料の先駆けとなるフェノール樹脂、フタル酸樹脂が開発されました。 意外なことに第二次世界対戦で塗料の進展はありませんでした。飛行機用、船底塗料の研究が中心だったためです。 戦後、塗料会社が設立され、さまざまな合成樹脂塗料が開発されていきます。そうして本格的な合成樹脂塗料の時代になっていきました。 高度成長時代は、その波に乗って塗料の生産量も大幅に増加します。また各分野の要請にも応えるようになり、塗料の品質は高くなっていきました。 その後、二度のオイルショックを経て、90年代、バブル崩壊と、塗料の業界も非常に厳しい状況に追い込まれました。しかし、中国や東南アジアなど近年、著しい発展を遂げている国への海外展開で、塗料業界はさまざまな変化を遂げながら成長をしています。 日本国内での塗料産業は成熟産業といえます。しかし、世界的にみていけば、大いに伸びる可能性のある成長産業なのです。  

声質と声の卜ーンを考える

テレアポをする際、みなさんが最初にぶつかる問題点として、「もしもし」と言った段階で電話を切られるということがあります。場合によっては、はじめての電話で「だから、いらないって言っているだろう」と言われる場合もあります。では、この「だから」は、いったい何にかかっている「だから」でしょうか。少し前に同じような電話がかかってきて、断ったはずなのに、またかけてきたのかという「だから」なのかなど、いろいろと考えられますが、歓迎されていないことだけはたしかです。 ここを打破するテクニックは、のちほど解説しますが、ここでは、声質と声のトーンについて説明します。「もしもし」と言った段階で電話を切られるということは、相手がテレアポだとわかってしまうからです。テレアポとわかるのは、ほとんどのアポインターが、同じようなしゃべり方をしているからです。つまり、声質と声のトーンが同じなのです。   たとえば、野球場にはウグイス嬢がいます。彼女たちは、独特の声質とトーンをしています。しゃべると、すぐにわかります。それが悪いということではありませんが、どこの球場のウグイス嬢も同じような感じです。 テレアポでも同じです。だから、「もしもし」と言った段階で、相手にテレアポとわかってしまうのです。「メラビアンの法則」というものがあります。メラピアンという心理学者が、人が、初 対面の相手と会ったときに受ける印象を決定づける要素を分析したものです。この法則によると、相手方に与える印象の 度合(比率)は、「話の内容」が7%、「話し方」(声・スピード・大きさ・テンポ)が お%、「ボディーランゲージ」が日%の割合 ということです。テレアポでは、「ボディーランゲージ」は 使えませんから、「話し方」、つまり声の質や トーンが重要になってきます。ですから、通 常のテレアポの声質・トーンと差別化すればいいのです。声質・トーンは人それぞれですから、一概には言えませんが、最低限、人に不快感を与え ず、語りかけるように、落ち着いたト1ンを心がけるようにしてください。そして、ゆっく りとしゃべります。アポインターのほとんどは、早口でまくし立てます。切られないために必死だからです。   しかしこれでは、すぐに切られてしまいます。切られない努力をすればするほど、切られるのです。切られないようにするためには、断られる前提で、逆をやればいいのです。つまり、ゆっくりと語りかけるようにしゃべるのです。細かいテクニックはいろいろありますが、まず、ゆっくり落ち着いてしゃべることです。これだけで、早口でまくし立てるテレアポと差別化することができます。   ポイント ➡テレアポだとわかると、すぐに電話は切られる ➡落ち着いたトーンを心がけよう…

屋根

屋根の素材④

屋根の素材として、瓦、金属、スレート以外にも数多くあります。 例えば、「トタン屋根」という名前でも知られる、トタンです。トタンとは薄い鋼板に亜鉛をメッキし、防錆性を高めた素材で、昔からの金属系の屋根はトタンた使われていることが多くなっています。トタンは薄いので、瓦やスレートと比べると軽量で、耐震性に優れているところ、またかつては大量に製造されていたこともあって、値段も比較的リーズナブルなところがそれぞれメリットとして上げられます。しかし、防音性、断熱性は十分ではなく、また亜鉛でめっきしていてもやはり錆を完全に防ぐことは難しいようです。また、デザインとしてもやや古めかしいところも欠点となり、現在の新築住宅において使われることは、あまりありません。 一方、新素材として注目を浴びているのが、アスファルトシングルです。ガラス繊維を原料としているこの素材は、日本においては金属屋根、スレート屋根、瓦屋根といったよく知られる屋根材よりも認知度という点ではあまり高くありません。しかしアメリカの住宅では広く使われています。軽量で使いやすく、とても柔らかいので屋根の形を選ばずに使用できることが魅力的です。また、その薄さからカバー工法にも適していると言われています。しかし、やはり屋根材として新しいアスファルトシングルは、認知度という点で劣っているので、そもそも施工業者が取り扱っていない、または取り扱いに慣れていないということが多く、その点で少し不安が残るところではあります。また、その軽さが、風の多い日本の風土に適しているのかという疑問の声をあげる業者もいます。また、使用には塗装が必要なので、メンテナンスに費用がかかります。

ガンに効く犬のサプリメント

実は、ペットの死亡率第一位と言われているのが「ガン」であり、人間同様、ワンちゃんにとっても怖い病気であると言えるのではないでしょうか。雌犬に多いのは「乳腺腫瘍」と呼ばれるもので、乳腺部のしこりや皮膚の炎症が特徴でしょう。雄犬は「肛門周囲腺腫」と呼ばれるものが多いようで、出血や化膿、腫れといった症状が見られるとされています。「肥満細胞腫」は皮膚の盛り上がりや結節、「悪性リンパ腫」は、リンパ節の腫れや食欲不振、下痢、嘔吐といった症状があるようです。症状が目に見えないことも多いため、気付いたときには進行していたということも考えられるため、日頃から全身のしこりの有無などを確認し、定期的に血液検査を行うことをお勧めいたします。病院での治療としては、抗がん剤投与や、外科手術といったことになるでしょうが、事前に予防できるのであれば、それに越したことはないのではないでしょうか。抗ガン作用のあるサプリメントとして挙げられるのは「クルクミン(ウコン粉末)」ではないでしょうか。これは、肝機能を改善してくれるという作用があるとされ、ガンも寄せ付けないとも言われている成分のようです。ウコンに含まれる主成分のクルクミンに抗ガン作用があるとされており、皮膚ガン、大腸ガン、肺ガン、前立腺ガンに対する抑制効果がわかっていると言われている為、日常に取り入れておくのも良いかもしれません。また、「乳酸菌生産物質(バイオフォーネンティクス)」と呼ばれるサプリメントも良いでしょう。ほとんどが腸に届き、有効菌の増殖を助けるとされ、腸内の吸収力を増大するといった効果があるとされています。腸内の吸収力を高め、免疫力を高めてくれるため、関節障害に効果のあるグルコサミンと一緒に摂取すると効果的であるようです。

電話の目的を告げる、 時聞がもらえるかどうかを確認する

相手に対して、何の件で電話をかけたのか、きちんと伝えることは重要です。 話法としては、「結論を先に伝えるやり方」と「結論を最後に伝えるやり方」の 2パターンがあります。前者は、英語圏の方の話し方です。英語ではほとんどの場合、結論が先に来ます。 叶『同同町可ロ0・σogz 由。一 l 後者は、日本人に多い話し方です。日本語、だと、結論があとに行きがちです。 「それは、 00に影響されているので、間違いです」 これは、使っている言語の構成にも左右されます。   しかしテレアポでは、先に結論を言わなくてはなりません。なぜなら、はじめてかけた電話で、そんなに長い時間、相手の方が付き合ってくれることはないからです。まず、電話の目的を告げて、話を聞いてくれるかどうかを確認します。場合によっては、ここで終わりというケースもあります。 テレアポでよく見受けられるのは、電話の目的を伝えると相手の YES 、NOがわかってしまうため、関係のない話を続けてなかなか目的を伝えないケースです。 仮に NOだったとしても、きちんとそれを受け止めて電話を切る勇気が必要です。気のない相手にいくらがんばっても、振り向いてはくれません。   そして、もうひとつ重要なことがあります。それは、相手に話している時間があるかどうかを確認し、時間がないようなら、急ぎではないのでまた後日かける旨を伝えて深追いはしない、ということです。テレアポでは、現在の相手の状況がわかりません。電話をしたときが忙しいとき、あるいは、たまたま暇なときかもしれません。時間があれば話を続け、時間がないようなら後日、またかけ直すというようにしたほうが、相手に好感を持ってもらうことができます。たとえ、今は忙しくて話ができなくても、次回は話を聞いてもらえるかもしれません。 よくあるのは、時間がないと相手が言っているにもかかわらず粘るケlスです。しかし、粘っても結果は同じです。相手の方がよい状態のときに、話を聞いてもらうようにしてください。悪い状態で無理に聞いてもらっても、それは悪い結果しかもたらしません。…